湯呑み絵付け体験

芸術の秋!

ということで、愛知県陶磁美術館で湯呑みの絵付けを体験してきました。
焼くと青色と黒色に色が変わるという専用の塗料を素地に塗り、オリジナルの湯呑みを作ります。

筆で色を乗せていくのですが、これが意外と難しい!フリーハンドで描いていくので、線がまっすぐにならなかったり、太さがばらついてしまったり…
「わーっはみ出した!」「バランスが悪くなったかな!?」とみんなで笑いながら思い思いのデザインをしていきました♪

 

シンプルに縦線のみ、可愛らしい動物、かなり凝って細かい模様…十人十色で、それぞれの持ち味が出ていたように思います。
作品は陶磁美術館で釉薬を塗ってもらい、焼成をして1ヶ月ほどで完成する予定です!
自分でデザインした湯呑みで飲むお茶はきっと格別ですね。完成を心待ちにしましょう♪