将来をみつめる vol,1

皆さん、こんにちは。匠高等学院の片山です。今回から皆さんと一緒に将来について考えたいと思います。「将来って大切だけどよくわからない。自分が何になりたいのか。何に向いているのか。」とか「好きなことを仕事にできたらって思うけど、どんな仕事があるのかわからない。」などの声をよく聞きます。そこで「こんなことが好きならばどんな仕事がある」ということや「その仕事に就くためにはどうすればよいのか」などを数回に渡って紹介していきたいと思います。

私たちは皆さんが匠高等学院で過ごす3年間の中で、様々なものや人に出会い、たくさんの考え方に触れることによって人として大きく成長していくことを大切にしています。だからこそ、将来について考える機会をたくさん作ることは私たちの役目になります。このコーナーが少しでも皆さんの将来の参考になったり、興味を持つきっかけになればと思います。また、こういうことについて触れて欲しいということがあれば、お気軽に片山まで言って下さい。お待ちしております。

第1回目は「動物について」取り上げたいと思います。動物が好きというと「トリマー」「獣医師」「ペットショップの店員」などが思い浮かぶと思いますが、それ以外にもまだまだ多くの仕事があります。下記に職業名等をまとめます。是非、参考にして下さい。

1 動物園の飼育係 動物の世話だけでなく、研究やお客様への配慮までやることは多岐にわたる。飼育技師という資格を取得して一人前。
2 犬の訓練士 犬の調教を行うが、その内容は多岐にわたる。警察犬、麻薬探知犬、盲導犬など。どの訓練士になるかによってもなり方が異なる知識だけでなく、体力・忍耐力も必要な仕事。
3 ブリーダー 犬などを計画的に繁殖させて血統の良い子犬を売買して生計を立てる。しかし、設備等の資金や動物相手のため、休みが取れないなど、仕事としては過酷な部分も多い。
4 ペットシッター 飼い主がいない時に飼い主の自宅で世話をする。ペットにとってはいつもと同じ場所ということでストレスがかからないと注目を集めている仕事。特に必要な資格はない。
5 アニマルセラピスト 動物を使って自閉症や認知症の方のリハビリやリラクゼーションに役立てる。ただし、まだまだ日本ではボランティアが中心なので他の職業に就き、役立てることになる。
6 獣医師 動物の治療や予防接種など動物専門の医師。大学で獣医学を学び、資格を取り、獣医師試験に合格した者だけがなれる狭き門。ペットの需要が伸びているので、より必要な仕事になる。

前期スクーリングについて

皆さん、こんにちは。匠高等学院の片山です。

8/21(月)から前期のスクーリングが行われています。参加している皆さん、お疲れ様です。

さて、このスクーリングですが、毎回、鹿島高等学園主催で行われております。

今回は天白区にある名城大学で行われました。

時間割は取得単位数などによって異なりますが、

1限目は9時30分から開始され、最後の7限目は16時50分で終了となります。

普段通っている教室ではなく、指定のあった場所へ向かい、

さらに通常よりも1日にたくさんの講義を受講する。

いつものことを考えるととてもハードな内容だと思います。

しかも、いつも一緒の仲間だけではなく、

見ず知らずの他校の生徒もたくさんいる中となりますので、緊張感もあると思います。

しかし、そんな中で皆さんがしっかり受講してくれていること、

とてもうれしく思いますし、頼もしく感じます。

皆さんが自分に必要なこととして捉え、目標のために頑張っていることが

自分自身を少しずつ、でも確実に成長させてくれていることは間違いないと思います。

これからも少しずつで良いので様々なことにチャレンジしてみましょう。

そのチャレンジ自体が成長につながります。

一緒に頑張っていきましょう!!応援しています。

夏期休業のお知らせ

下記期間を夏期休業とさせていただきます。

休業期間:8月10(木)~8月16(水)

 

なお、休業期間中は電話が繋がらない状態になります。ご了承ください。

また、8月17日(木)10:00より電話受付を再開いたします。

 

皆さんと元気に元気にお会いできることを楽しみにしております。

どうぞ、事故やケガには十分ご注意されてお過ごし下さい。

人生は一回っきり!!

すっかり暑くなって、いよいよ夏本番!あっという間に夏休みに入ります。生徒のみなさんは、1学期に疲れた体をしっかり癒してくださいね。

さて、今回は行動経済学という学問から「人は将来を過小評価する」というテーマでお伝えします。人生という道の上には目標を達成するのに不必要な様々な誘惑が待ち構えています。それらを「すべてはねのける!」というのは、私は正直難しい思います。なぜなら人間の脳は未来のことを過小評価し、目の前に迫っていることを過大評価するからです。自分の行動を思い返してみてください。将来にかかわる大きなことが先にあっても、目の前のテレビや、友達の誘いに負けてしまうことがありませんか。健康や美容のためにダイエットをしようと思い立ったとします。将来的には絶対にそうした方がいいと、もちろんわかっています。しかし、人はその目標に反した行動をとります。ちょっとだけだからと、ジュースを飲んだりケーキを食べたりします。もちろん僕だってそうです。恥ずかしながら1日のどこかで、何かしらの誘惑に負けているのが現状です。それが人間の性質なのです。先日サッカー日本代表の本田圭佑選手が、とある講演で「努力することが、いやになったりしんどくなったことがありますか。それをどうやってのりこえましたか」という質問にこう答えていました。「僕は毎日妥協しています。何が言いたいかというと、人間は想像以上に弱いです。完璧に自分に満足した日は、一日たりともないですね。どうしても弱い自分が勝ってしまって、『また明日でいいや』、『あとにしよう』、やらなければいけないことが、友達との誘惑に負けてしまって遊んでしまう。」と。僕は正直驚きました。僕の中の本田選手のイメージは、自分に非常に厳しくそして精神的に強い人だからです。そんな本田選手でさえこんなことを言うのか、と。さらに本田選手はこう続けます。「全部つながるんですけど、人生は一回です。やるなら、何か取り組むなら一生懸命やり、一人でやるな、好きな奴とやれ、尊敬できる奴とやれ、尊敬できる奴と最高の喜びを分かち合うには、真剣に取り組む。そこで出た成果が何よりも嬉しいことを知っているから、適当に挑むのではなくて、恐らく人間というのは、努力をし続けて、挑戦し続けて、こんなにも素晴らしい世界に発展したんじゃないかと。僕自身は日々努力を怠っている、それは僕自身認めないといけないことだと思うし、でも昨日より今日、今日より明日、そういうつもりで、やっていくということだけは、ずっと持ち続けています。」つまり、「人生は一回きり」という考え方、そして「少しでも日々成長しよう」という姿勢が重要だということを本田選手は伝えているのです。もちろん目の前の誘惑には負けることもあると思いますが、このことを意識すれば少しずつ誘惑に負ける回数も減るのではないでしょうか。その回数が少なっていけば、目標の達成が現実になるのだと思います。

「一回きりの人生」、その中で私たち匠高等学院は生徒さんや保護者様たちに選択していただき、お越しいただいております。すべての方たちにとって素晴らしい出会いになるように、全力を尽くしています。そんな御縁を大切にして、私たち匠高等学院はかかわる人すべての方たちとともに、成長しそして歩み続けていきたいと思っています。それでは今後ともよろしくお願いします。

匠謎解きチャレンジ ~7月スクーリング~

皆さん、こんにちは。匠高等学院の筒井です。
今回は7月のスクーリングの様子をご報告します。

7月のスクーリングは
「匠高等学院 謎解きチャレンジ 合田先生からの挑戦状」
ということで合田先生による
かなり完成度も難易度も高い謎解きゲームに挑戦してもらいました。

それぞれチームに分かれて挑戦しました。
私も女性チームに入れてもらい、生徒と一緒に挑戦してみたのですが、
本当にかなりの難易度で大変でした。

以前のレクリエーションで謎解きに挑戦した時も感じたのですが、
日に日に生徒同士の団結力が高まってきているように思います。

これからもこういったレクリエーションなどを通じて
匠高等学院の校風として定着してくれたらうれしいことだと感じております。

ですから今後のレクリエーションでもそういったことを意識して
企画して参りたいと思います。

参加してくれた皆さん、ありがとうございました!